クリスマス用品含めて多数入荷

明日よりアドヴェントが始まるドイツです。
先々週は秋らしい暖かな日が続きましたが、今ではマイナスで日中でも霜が融けません。
冷凍庫の中に居るような乾燥した寒く厳しい冬のドイツが始まっています。

クリスマス前商戦で、一気に慌しくなるドイツ。
物流もまた遅延などで大変混雑します。

今日はインテリア雑貨を中心にクリスマス用品も含め数点入荷しましたのでご紹介します。
TOPページに入荷商品を掲載しておりますのでご覧ください。
20161130_liebling
画像クリックでLieblingのTOPページへ
(別ウィンドウで開きます)

 

そして、毎年地味~にクリスマス用品コーナーを紹介します。
通年であるカテゴリーですが、恒例として。
weihnachtsmarkt_1クリスマス用品コーナー(別ウィンドウで開きます)

本年もまた、クリスマス前頃より休暇に入る予定です。
またお知らせします。

各種代行サービスが盛況なのですが…

明日は小雪がちらつく天気予報の既に初冬の北西ドイツです。

涼しさが増し、お客様の購買欲や各種季節のイベントが目白押しの為なのかと勝手に推測をしておりますが、各種代行サービスについて、お陰様で沢山のご利用とお問い合わせをいただいております。
(ですが、当店は代行サービスがメインではなくサブのサービス商品です…)

お問い合わせには、残念ながら当店ではお取扱いできない物やお力添えできないケースなども多数ございます。
買い付け代行は一切行っておりません。
お支払い代行サービスと転送サービスがあって、買い付け代行との違いは?と問われそうですが、いたってシンプル。

・お支払い代行サービスは、商品購入希望される購入先でお客様のクレジットカードがお使いいただけない場合、ユーロのみでお取引の場合でお客様がユーロではお支払いができない場合に、当店がお客様からご依頼を請けお支払い代行をするという事です。

・転送代行サービスは、商品の購入はお支払いまでお客様で全て行っていただきます。
購入先が日本への発送に対応していない場合、当店をお客様のお荷物を受け取り先にしていただき、届いた商品を日本のお客様へ転送するのみのサービスです。

買い付け代行は、購入先との取引から全て行うものです。
当店では買い付け代行及び、購入時やオークションなどでの取引への関与は一切しておりません。
取引内容の英文及びドイツ語訳などもお手伝いはできません。
(もし翻訳が必要な場合、別部門で展開しております通訳・翻訳の業務として翻訳手数料が発生します)

その為、買い付け代行はお取扱いしている他社様または代行を請け負う個人様へご依頼していただきます様、お願いしております。

そして、最近増えてきたのが大型商品の転送代行です。
まず、お請けする前に内容を確認してから回答しております。

当店に記載しております2kg超過お荷物転送サービスの梱包時のMAXは120cm×60cm×60cmとなっております。
DHL Paket Internationalという配送方法です。
辺のMAXを超えた場合上限内であれば対応できる配送方法があります。

Sperrgut Internationalという方法です。
こちらはDHL Paket Internationalの基本送料に上限内であれば30ユーロ加算となります。

【例として】
箱型荷物5.3kg、70cm×40cm×30cmであっても、1辺が既にMAX60cmより10cmオーバーしている為、
DHL Paket Internationalの更に上の配送方法であるSperrgut Internationalに変わります。

DHL Paket Internationalの送料は5.3kgなので5kg~10kgのランクの59.99ユーロです。
これに、Sperrgut Internationalの30ユーロ加算で89.99ユーロとなります。

・箱型梱包の場合、3辺の合計が300cmまで、最大重量30kgまで。
・ロール型梱包の場合、MAX120cmまでで且つ直径15cmまで、最大重量5kgまで。
・DHL Paket Internationalの基本送料に一律プラス30ユーロとなります。

いずれにも、DHL Paket International(+Sperrgut International)には500ユーロの補償額が込みとなっております。
500ユーロ超のお荷物の場合、任意ですが500ユーロ超1000ユーロまでの補償額はプラス12.50ユーロです。
1000ユーロ超5000ユーロまでの補償額は1000ユーロごとにプラス12.50ユーロです。
5000ユーロを超える物、またはお荷物の辺のMAX、重量MAXを超える物はDHLでお取扱いできないと共に、当店でもお取扱いができません。

 

下記は、DHL Sperrgut Internationalのドイツ語説明ページより、最終到着地を日本に設定した場合のキャプチャー画面です。
dhl_sperrgut_international_nach-japanblog(別窓で開きます)

と、長々と説明をしてまいりましたが当店のEU圏お荷物転送サービスに
Sperrgut Internationalの記載を追加しました。
更に、お荷物転送サービスの説明ページが文字や数字だらけの目がくらみそうなページになっております。

約款と同じく目がすべる為、内容をよくご覧になられずご依頼をされるお客様が多い事は大変申し訳なく感じておりますが、とても大切な事と同時に、お互いにお顔が見えないお取引故の苦渋の方法となるのがこの長々しい説明ページとなります。

しっかりお読みいただけました場合でも、ご不安になる点や疑問に思われる点が必ずあると思いますので、お問い合わせいただければと思います。
まず、安心と安全を最優先に考えております。

3点入荷しました

秋が深まり、既に冬の香りがするここ北西ドイツです。
街中でも緑が豊富なので、落葉樹の場合大量の落ち葉のじゅうたんができます。
ふわふわでとても美しいのですが、掃除がもの凄く大変です…

インテリア雑貨 おもちゃ・その他のコーナーに1点。

キッチン雑貨 キッチン/陶器・磁器のコーナーに1点。

バッグ・トランク バッグのコーナーに1点。

今日は計3点です。

1点目は以前ご紹介した記事「キッチュなヴィンテージトイミシン/キッズミシン」で予告しました3点中1点です。
20161104_liebling1(画像クリックで別窓で開きます)
ドイツ国内版のとっても可愛いツートーンカラーのトイミシンです。

 

 

20161104_liebling2(画像クリックで別窓で開きます)
2点目はドイツが誇る磁器の老舗、「ローゼンタール」よりマリアホワイトシリーズのモカカップセットを。
フランスのシルバーカトラリーの老舗、「DEETJEN」の本シルバーティースプーンとセットにしたお買い得なお品です。

 

 

20161104_liebling3(画像クリックで別窓で開きます)
3点目はオーストリアの伝統芸、ハプスブルク家御用達で有名なプチポワンの小さなお品を。
サテン地にマイクロプチポワン刺繍、中は鏡面カットのミラーがついており、更にポケットにはセルロイドと真鍮の美しいコームがついています。

これからの季節はお呼ばれなどが増える季節です。
人とはちょっと違った素敵なヨーロッパテイストのアンティークやヴィンテージ小物で差をつけてみるのはいかがでしょうか。

冬時間切り替えと明日は諸聖人の日

20161031_liebling_winterzeit

昨日の10月30日より冬時間に戻りました。日本との時差は8時間。
8時間後から日本を追いかけている形のドイツです。

PCや電波時計などは自動的に切り替わってくれますが、それ以外はアナログで手動で時間合わせです。
何年経ってもこの1時間の時差の切り替わりは慣れません(頭と体が)。

明日はカトリック教の祭日です。当店もお休みです。
諸聖人の日(Wikipediaより。別窓で開きます)
全ての聖人と殉教者を記念する日とあります。

明日は教会でミサがあります。
私自身はカトリックではないのですが、身内が全員カトリックなので参加です。
昨日の日曜日は、この諸聖人の日のミサに入りきらない今年亡くなった方々とその遺族へのミサがありました。
そちらも参加して参りました。
聖歌が美しく、哀愁があり心に響きました。

宗教観については、私自身は哲学と捉えています。
異教徒であっても、人間は弱いもので拠り所が必要なのだと考えています。
スタッフは全てカトリック教です。…が、若い世代だからなのか熱心ではありません。

しかし、家族との宗教にちなんだ記念日や祝祭日は必ず家族と過ごすのが普通なので、彼女たちも普段は教会に足を運ばなくてもこういった行事には必ず参加をしています。
クリスマスなどは典型的な宗教に絡んだ家族との絆を垣間見ることができる重要なイベントです。

日本ではハロウィンで盛り上がりをみせておりますが、宗教観は微塵もなく、お祭り好きな我々日本人の血と風土に合うのでしょう、年々大きく盛り上がっております。

ドイツにはハロウィンはありません。お飾りをしているところもごくわずかです。
アメリカから来た商業的な習慣と捉えています。
聖人と殉教者(死者)を静かに厳かに温かく迎え送り感謝の意を表す日なのです。

キッチュなヴィンテージトイミシン/キッズミシン

当店では、インテリア雑貨コーナー(別窓で開きます)の更に小分けしたカテゴリーの、おもちゃ・その他(別窓で開きます)のコーナーがあります。

そこには、インテリア雑貨としてお使いいただける、とっても可愛らしくカラフル且つ素朴なおもちゃ等を掲載しています。

その中で、トイミシンまたはキッズミシンと呼ばれる子供用の実用ミシンを扱っています。
おもちゃながら、ちゃんと使える物です。
電池を入れて動くもの、手回しで動くものです。

お取扱いしているのは主に50年代後半から70年代前半にかけての物。
当店のイメージに合ったキッチュなデザインやカラーリングの物ばかり。

本日ご紹介するのは、私物ですが宝物として飾っているトイミシンです。
工房の作業机として使っているアンティークの机の上は、アンティークやヴィンテージの雑貨が沢山。
全て実用している現役選手たちばかりです。
飾っているように見せて実は使っています。古い物でもちゃんとケアして使い続ける事が可能です。
それだけ昔の物は品質が良かったのかもしれません。

(アンティーク机、お茶がこぼれていたカップを置いたら丸いシミが…これもちゃんとリペアします)

2016liebling_regina1こちら、東ドイツ時代のもの。1950年代後半から60年代にかけて作られた製品です。
REGINA(レギナまたはレジーナ)と呼ばれています。

 

 

2016liebling_regina2ブリキの本体に木の台座です。

 

 

2016liebling_regina3US-ZONEはアメリカに輸出する為に作った製品です。ベルリン製。
この時代、US-ZONE送りのトイミシンが沢山ありました。

 

日本からもクリスタル社のトイミシンが輸出されていました。
こちらは、当店でお取扱いしているトイミシン。
liebling_kidssewingmachine_crystal日本製1950年代 US ZONE Vintage Kinder Sewing Machine CRYSTAL ヴィンテージトイミシン(別窓で開きます)

 

 

2016liebling_regina4REGINAは、アメリカでKAY-an-EEとしても売られていました。
REGINAのネーム部分をKAY-an-EEに変えています。

このトイミシン、所々ブリキの塗装が剥げていたので着色してリペアしています。
この本体の色を再現するのが少し難しかったです。
文字部分も真っ黒ではないです。REGINAの文字が剥げていたのでこちらもリペア。
ゴールド部分、間違って一部濃くなってしまいました…;(Rの左上部分)

 

 

2016liebling_regina5AUSはOFF、EINはON。ドイツ語です。

 

 

2016liebling_regina6手回し部分。

 

 

2016liebling_regina7トイミシンの後ろ側はあまり見たことない気が。

 

 

2016liebling_regina8裏側です。ここに1.5V乾電池2個とスタンプが押してあります。
単2の乾電池です。

 

 

2016liebling_regina10差し込み式の簡単な延長テーブルです。

 

 

2016liebling_regina11実際に使えるのですが、このトイミシンは使わずに目の保養として飾っています。

昔の女の子は、こういったトイミシンをクリスマスプレゼントとしてもらい、お母さんやおばあちゃんの真似をして、ハギレやハンカチなどで遊びながら縫う練習をしていたのでした。

現在、3台を新たにお店に出す予定です。内1台はアンティークの大変美しいものです。
お店に掲載しましたら、入荷情報としてお伝えします。

オクトーバーフェスト中だったので…

前回の記事にて、ビアジョッキが大量に手に入った旨をお伝えしました。

お店出しする前に、オクトーバーフェストイベントを日本でするので買いたいという方が連絡をされて来られたので、大部分をお買い上げいただきました。
(この記事を掲載するにあたって、お買い上げいただいたお客様の了承を得ています)

早々に日本へ帰国され、今頃はきっとオクトーバーフェストのイベントをされていらっしゃるのだと思います。
飲食店ではなく、個人でビールの集まりのイベントをされるとの事でした。

なので…お店はしばらくメンテナンスにしておりました。
殆どお店出しする為にデータを載せてしまっておりましたので、お買い上げいただいた分を削除する為のメンテナンスです。
39点のビアジョッキが手に入りましたが、今回残ったのは数点。
1点はまだお店出ししております。残りはまだお店に出すかどうか検討中です。(欲しい方がいらっしゃる為)

以前もオクトーバーフェストセールをしてみましたが、その時はまったくの売り上げゼロでした(笑)
その後、何もない時にチラホラとお買い上げいただきました。
イベントセールの方法や時期を外しているのですが、マイペースで楽しんでいこうというのが我々スタッフのスタンスなので、
今回も突然大量に手に入った珍しいビアジョッキが、偶然知り合ったお客様(ロシア人スタッフのアーニャが仕事上で知り合った方でした)
が聞きつけ、大量にお買い上げいただいたという結果です。

せっかくオクトーバーフェスト用のカテゴリー(ビアジョッキ)を作ったので、オクトーバーフェスト関係なくそのまま残しておこうと思います。

lk16at_krug
美しいレリーフや色付け、デザインモチーフの錫の蓋がついたビアジョッキ、クリスタルカットがキラキラと美しい蓋付きジョッキが大量にあったのでした。

また、美しいビアジョッキがありましたらビアジョッキカテゴリーに追加していこうと思います。
ビアジョッキにわざわざ注いだドイツビールの味は格別です!

秋です

大変短い冷夏も終わり、夏の間から既に秋っぽい日が始まっているここ北西ドイツです。

oktoberfest_bayern_liebling

NRW州はオクトーバーフェストはあまり関係ないのですが、
アンティークやヴィンテージまたは非売品のビアジョッキを多数入荷する機会がいきなりきました。
当店のカテゴリーでビアジョッキは、

キッチン雑貨のコーナー (別窓で開きます)
の陶器・磁器、またはガラス・クリスタルのコーナーに元々ありました。

ですが、ビアジョッキが大量に手に入ってしまったので、カテゴリーを常設にするかわからないのですが
新たにカテゴリーを増やしてみました。

オクトーバーフェスト/ビアジョッキ (別窓で開きます)

と言っても、現在お店出しする為にデータ作業中です。
オクトーバーフェストが終わらない内に間に合えば…と思います。

 

kirakira_line_loop

 

20160930_liebling1

我が家では、屋内または室内で沢山の植物を育てております。
只今、4年間ひょろひょろと窓から入る光だけで育っているアブチロン・チロリアンランプが可愛らしい花をぶら下げ始めています。
ウキツリボク(浮釣木)とも呼ばれています。
寒さに強く、とても丈夫です。

 

20160930_liebling2

20160930_liebling3

水切れさえしなければ、生育時にはわさわさと葉を付け茎をぐんぐん伸ばします。
アーチ状に仕立ててみようと思い購入した苗だったのですが、場所が無いので仕方なく鉢植えにして伸びる茎を丸く
何重にも巻いております。
屋内だけでこれなので、外に植えるともっと葉が増え花も増えます。

まだまだ秋の装い途中のドイツです。