日本が好きな元ポーランド人

当店では、別事業として「リロケーションサービス」、「通訳・翻訳サービス」を展開しています。
最初は趣味の舶来品の骨董屋としてスタートした当店ですが、日本が好きな多国籍なスタッフが入れ代わり立ち代わりで少しずつマルチな展開をしていきました。
その中で、元ポーランド人のスタッフが2009年から独立して展開していた上記のサービスが一人では回らなくなり、当店のスタッフもそちらをお手伝いするようになり、今では我々はそちらがメインの事業となっております。

その元ポーランド人ですが、厳密に言えばポーランド生まれのドイツ人です。なので、「元」とつけています。
ご両親はポーランド人ですがドイツ統一前に西ドイツに移民、一から事業を興されこちらに定住されました。
ご両親は二重国籍ですが、彼はドイツ国籍のみを選択しました。

独日英波と4カ国語を自在に操る通訳者です。ロシア語と韓国語も少しわかるようです。
とても流暢な日本語で話し、日本語を覚えたての外国人特有の日本語の訛りや癖はほぼありません。
私が関西出身なので、関西弁も習得しようとしているようですが関西弁のイントネーションと独特の間(ま)は彼には難しいようです。

最近特に通訳者派遣が多くなり、スタッフ総動員且つニーズに合わせて通訳者を募集してはお仕事に就いていただいております。
ドイツでも英語を話せない方もいらっしゃいますし、英語で会話ができてもやはりドイツ語がいいというクライアント様もいらっしゃいます。

【私が日本語を習得しようと思ったきっかけとエピソード】プロフィールページ(別窓で開きます)
何故、彼が日本語を習得するきっかけになったのか…クライアント様によく聞かれるのですが、通訳サービスのWEBサイトがあり、そこにプロフィールを掲載してありますので彼の人と成りを垣間見ていただく事ができます。
どんなきっかけでその道を究めようとしていくのか…

 

 

日本人にとってポーランドはあまりピンと来ない国だと思います。
私自身もポーランドを良く知りませんでした。バルト三国という言葉は社会科で習ったかな程度です。
ポーランドはバルト三国ではありませんが、国の北端はバルト海に面しています。
バルト海で採れる琥珀はバルティックアンバーとしてとても有名な事も彼から教わりました。
そして、彼の念願であった祖国の宝石バルティックアンバーのWEBショップもOPENさせたりと、我々スタッフは更に新しい世界が広がり、興味がある事柄に対しては盲目的にのめりこみ勉強する所謂マニアックな人間が集まった集団ですので、貪欲に知識を吸収し実際に手に取り動きしています。

 

 

琥珀ノ間 Bursztynowa Komnata(別窓で開きます)
こちらが、そのバルティックアンバーの日本向けのWEBショップです。
ジュエリーは全て日本から発送ですが雑貨は今の所ドイツから発送です。
お陰様でオーダーなどもいただき、細々とではありますが徐々にオリジナル作品のみのお店として続いております。

琥珀自身、日本ではご年配の方などから親しまれるようなイメージですが、ヨーロッパ圏ではかなり昔から高貴な宝石、ステイタスの象徴、薬としての民間医療、そのもっと昔の正規の医療、宗教上のステイタス、民間の母と子の守護と健康、婚姻の祝い…と様々な場面で重宝されてきた宝石です。

今も尚、それは受け継がれています。グローバル化と時代の流れにより、すたれてしまう古き習慣や言い伝え。
あえて、それを現代でも取り込み素敵な思い出を作る…
私はLieblingでもそのような思いで古い物達を吟味していますが、古き習慣や言い伝えの素敵な部分はどんどん取り入れたいと共感します。

因みに私自身も商談時やクライアント様とお会いする時は必ず琥珀ジュエリーを身に着けます。
迷信などと思わず、自分が気に入って愛着を持ちこのジュエリーを身に着けたら上手く行く!と暗示にかけているかもしれませんが、今ではすっかり手放せない宝物です。

広告

古いトラベルアラーム

出張の時、専ら利用するのは携帯電話などのアラーム機能です。
昔々は、トラベルアラームを持って旅行に行ったりしました。あまり使わない物だったので、いつしか電池が切れていたり、安物でいいわと間に合わせていたのでいざ使おうとしたら壊れていたり…
便利な世の中になったものだとつくづく思います。


これは、私のデスクの上の飾り棚。ワインボックスをリメイクしたちょっとした書類や資料立てにして使っている物。
その上に雑多な物を何となく飾っています。
小さな花瓶や瓶には部屋の中で咲いている花を挿したり。
真ん中の時計は、ヴィンテージの私の宝物の一つです。手巻き式のトラベルアラーム。

メッキが剥げたりしています。使い込まれた感たっぷり。
再メッキしようと考えていますが、このままでも味が出ていいかもしれないといつも心は揺れています。

このトラベルアラームはドイツで作られました。世界的にとてもヒットした会社でしたが、1990年代に入り閉鎖してしまいました。
良い物を生み出してきた裏側で、工場から毒性のある排水を川に流していたので閉鎖に追い込まれたのです。
その為、このトラベルアラームを作っていた会社は優れた技とクオリティの歴史を自らの手で葬り去ってしまいました。
今、その工場があった場所は工業施設として生まれ変わっています。

このトラベルアラームの会社のシリーズはマニアックなコレクターによって今でも現存するヴィンテージアラームがオークションや骨董屋さんで取引されています。
ちなみに私は東ドイツの骨董屋さんで偶然見つけ、長年探していたものだったのでとてもリーズナブルなお値段で手に入れる事ができました。

骨董屋さんの店主曰く、動かない・メッキ剥げで使用感がすごいなどそんな理由でした。
しかし…これ動きます。しっかりアラームもジリジリと懐かしいアナログなうるささで鳴ります。
店主、ちゃんとチェックしていなかったのか…とリーズナブルなお値段で長年探していた物を手に入れる事ができたので、店主に一応感謝です。
骨董屋さんでしょ…?もうちょっとチェックしないの?と自分も一応骨董屋のハシクレなのでもやもやしました。

中は好きな写真などをはめ込めるようになっています。ロケットペンダントのような感じ。
元の持ち主は男性の写真を貼っていました。とても古い写真で私の好みではなかったのですが、きっと元の持ち主の想い人かご主人だったのか…剥がそうとしたら古すぎてボロボロになってしまいました。
何とした失態…と残念感でいっぱいになりましたが、古かったので剥げていた写真が少し心霊写真のようで不気味でもあったので、お疲れ様でした…と自分の好きなイラストを貼り直しました。

 

 

東側ドイツでちょこちょこ見つけた雑貨です。シルバーの少々値が張るイギリス製のアンティークティーポットも頑張って手に入れました。
シュタイフの激レア8cmの黒猫も完品でまた入手できました。
シルバー物は磨きをかけてメンテナンスです。他の陶器は塩釉のものでこれもレアなものです。
東側ドイツでのお仕事ついでではありますが、良い物が沢山あります。
できれば…東側ドイツで暮らしたいと思う今日この頃です。

オクトーバーフェスト開催と自生するクサボケの実

バイエルン州ではビールのお祭りオクトーバーフェストが始まりました。
ドイツ全体がオクトーバーフェストなのかというと違います。バイエルン州のお祭りです。
その為、事務所があるNRW州(ノルトラインヴぇすとふぁーれん)は便乗した呑み屋さんなどでチョロっとやってるかな程度です。
違う州で違う州のシンボルカラーやフラッグカラーを使う事は好まれません。


鮮やかなブルーと白のひし形のような模様に強そうで豪華なライオンやドラゴンなどが描かれたワッペン。
これがBayern州の旗、シンボル、シンボルカラーです。

それにちなんでではないのですが、スーパーに立ち寄ると沢山の珍しいビールが便乗して売られていました。
何となく欲しかった「缶ケース」があったので中のビール目的ではなく缶ケース目当てで思わず釣られてしまいました。
積み上げられていたので、なるべく傷が少ない物を。意外と薄くてすぐ凹みそう…

 

 

開けると中に瓶がガチャガチャ言わないように分厚い紙で固定され。
指を切りました。こういう紙はしっかりしているのです。
よく見ると、氷の中に入っているようなイメージが印刷されています。

 

 

右の赤い缶の方にはビアグラスが一個。何だかこの分だけケチった感があります。一体このグラスだけ1本どうしろと。
集めるにはどれだけこの缶を買うのかと…
ですが、この右側の赤い缶はケルシュビアと言って、ケルンだけで作られたビールです。ビール愛好家には有名なのだそうです。
ちなみに、コロンと呼ばれる香水よりもライトなものはこのケルンから来ているのはご存知でしょうか。

 

 

いろいろなドイツビールの種類や製造方法・過程、色などの表などが説明されている冊子と商品説明の広告。
冊子はなかなかよかったです。

 

 

いろんな味です。私はそれまでビールは好きではなく日本に居た頃はまったく飲まなかったのですが、バイエルンに来て初めてWeizenbier(ヴぁいつぇんびあ)と呼ぶ、日本だと白ビールと呼ばれる小麦が入ったビールを飲んでから、その美味しさにはまり飲めるようになりました。
しかしいまだに苦手なのがPils(ピルす)とAlt(アルト)。Altはアルトビアと言って日本だと黒ビールと呼ばれるのでしょうか。
このアルトビアの苦さとコクが苦手です。
国は違いますが、私はポーランドのビールが好きです。飲みやすい物が多く、味も甘味を感じられるものなども多いのです。ドイツのビールは豊富な種類ですが、どれも安価です。ドイツに来られたら是非試していただきたいです。

 

結局、冷蔵庫の上にとりあえず飾り。何故この缶ケースが欲しくなったのか…持て余してしまいました。

 

 

話は変わって。
今週末はデュッセルドルフに戻りました。週末にお客様と何人か会う約束があり出張から帰ってから休む暇無くでした。
家の近所にはすぐ駅があるのですが、ようやくお仕事から解放されて我が家へ帰ろうとボンヤリ歩いていると黄色いポコポコとした物体が足元の位置の少し先に見えます。

毒キノコ!と思って近づくと…花梨に良く似た小さな実がポコポコと鈴なり。
おおおお!と思い、キョロキョロと辺りを見回しプチっと採ると柑橘系のとっても良い香り。

 

 

そう言えば…今年の春頃?か初夏に何となく目にした赤い花がありました。
これってもしかしてボケの花じゃないのか…とドキドキしていながらも、線路脇の道だしまさかこんなところに日本や韓国にあるボケの花があるだなんてね…
と調べてみようと思いながら何となく目にしていて忘れていたのでした。
そのボケの花にとてもよく似た茂みに成っていた実なのです。
(上の写真2枚はネット上で拾った写真。しかし同じようなロケーションです。花の写真はこういう感じで線路脇の金網に絡まって枝が茂みになっています)

 

 

家に帰り収穫した実を古い歯ブラシでよく荒いました。
ネットで調べるとやはりボケでした。クサボケというらしいです。ドイツ語ではZierquitten。
我が家にはQuitten(花梨)の木があり毎年鈴なりになり、大きく固くとても良い香りの実が成ります。
それで花梨酒や花梨シロップ、蜂蜜花梨に花梨ジャムを作ったりと地獄の作業が毎年待ち受けています…
ですが、この小さな花梨だとその地獄の作業的には小さいのでやりやすそうです。
外に生えてる物だから犬のおしっこなどかかっていたら…と考えたのですが、少しその位置より上だしよく何度も洗ったし…度数の高い酒に漬けこんでしまうから消毒消毒と言い聞かせて、酒を作ろうと思います。

ドイツでは盆栽も趣味として愛好家が居ます。「Bonsai」です。そしてこのボケの花も「Japanische Zierquitte」日本のクサボケという名で売られています。
多分思うのは、盆栽や大きなブッシュ仕立てで庭などで育てられていたクサボケの実を鳥達が食べて落とした糞の中の種から発芽し、自生しているのだと。
我が家の庭には鳥が運んだ糞から生えた自生の木の実や果物が生えています。
ドイツの厳しい冬にも耐えられる植物達。果実の場合、南国産以外は発芽の為には寒い冬を越させてからだと発芽率が上がる種類が多いです。
このクサボケもそうです。

我が家でも育ててみようと思い種を採ろうと思うのですが、自生している茂みから一房、枝を手折ってきました。
これを発根させてみて挿し木にして育てられたらいいなと二通りの方法で、我が家でもなんちゃって盆栽仕立てになるか大鉢仕立てになるかわかりませんが、実の収穫ができるよう育ててみたいと思います。

殺虫剤混入の卵

殺虫剤フィプロニルが混入した卵、欧米など世界40カ国で発見
(ロイター発 2017年9月5日 / 09:21 の記事より)

この殺虫剤混入の卵を問題提起していたドキュメンタリー番組が3~4年ほど前に放映されていました。
その時から、オランダ産の卵は絶対に買わないようにしてきました。
その番組はドキュメンタリーでした。
なので、隠しカメラでオランダの養鶏場を訪問していました。
不衛生な場所も多く、かなりショックを受けました。
潜入リポーターも絶句したり憤慨したりしていたのが印象的でした。

オランダ産は安いです。野菜や果物などもオランダから沢山入ってきます。
見た目ではわかりません。新鮮な野菜や果物、卵、肉はそのまま新鮮に見えます。

卵がどこ産なのかは卵の紙パックを開けて卵の表面にスタンプされているのでわかります。
ドイツ産はDEと入っています。下の画像を探してきました。
とてもわかりやすいです。

NLとスタンプされているのがオランダ産です。
以前ひどかったのが、ドイツ産と見せかけた紙パックでしたが中を開けて卵のスタンプを確認するとオランダ産でした。今はあるかわかりませんが紛らわしいのです。

日本の卵パックのように透明のプラスチック製ではない再生紙の紙パックです。
中の卵が壊れている事も結構あるので、産地や種類、日時も確認できるメリットがあります。

ですが、ドイツ産だからと言って安心もしていません。
辛いところですが某有名な車メーカー数社の不正問題もありますし、日本人が一般的に思っているような質実剛健さなどもイメージ通りではなく、かなり頑固です。
石頭=steinkopf(シュタインコプフ。殆ど使いませんが)な人、自己主張が激しい人、自分の意見を絶対に曲げない譲らない人…日常的に多いなと思います。
その質実剛健だった頃のドイツのイメージはきっと戦前から戦後まもなくで廃れてしまったと思います。
それは日本も同じなので、時代の流れで変わりゆくものなので仕方がないことですが…

オランダの方と接していると総じて陽気だなと言う印象があります。
そして自由度が高かったり。自転車が多かったり。背の高いイケメンが多かったり。
女性も素敵な方が多いです。

なので偏見は持っていないのですが、どうしてもあのドキュメンタリー番組が印象強くて卵や畜産物または加工物についてはかなり敏感になってしまいました。
滅多にテレビは観ない方なので(1年にのべ3日観ればいい方)、たまたまどうしてだか点けたTVで映っていたその番組を何気なく目にしただけだったのです。

先々週にスーパーの店頭でごっそり卵が無くなった時がありました。
残ったのは高価なドイツ産のBioの物。
ケーキを作るのに必要だったのでそれを手にしました。ドイツ産の安価な物はすぐに売り切れてしまったようです。
あと、オランダ産の卵も撤去されていたのでした。

食品偽装は特にダメです。数年前も冷凍か何かのラザニア製品に材料には書かれていない肉、しかも死んだ馬の肉が混入されている事が分かり大問題になりました。
発覚したのは内部告発だったと思います。抜き打ちで検査が入りそこで更に実証されたのだったと記憶しています。

どこの国にも露見していないこういう不正はあります。
しかし綺麗ごとではなく、食だけでもクリアに安心して手に取る事ができるように願いたいです。

のどかな鉄道での移動

DB(ドイツ鉄道)は、日本の鉄道よりもいい加減だと思います。
鉄道に限らずバスもそうです。まず、時間通りに来ない事が頻繁にあります。
利用する乗客は地続きなので、ドイツ人だけに限らず多国籍な事も関係すると思いますし、従事している職員達にも性格や癖や仕事に対する姿勢が全く違うのも関係すると思います。

日本と違うのは、その鉄道路線の網羅の広さです。国を跨いで行きます。
全てが繋がります。
その点、飛行機はまず殆どそういう事がないので陸路と空路は同じものとは思っていません。

さて。遅延する理由は何も人的要因ばかりではありません。
車両故障も多いですし、昨今はテロ関連で疑わしい乗客などを降車させる為に緊急停止したりと理由は更に積もります。

そんな中…東側ドイツでの仕事に戻るスタッフから先程メッセージが届きました。

「電車が急ブレーキ。緊急停止した」

何事かと思い、続報を待ちました。車両故障はしょっちゅうです。テロも…忘れた頃にやって来るので緊張が走ります。
嗚呼…何事もありませんようにスタッフが無事にホテルに着きますように…
と不安を感じていると、続報が。

ここから下は、お食事中並びにお食事後の方にはご遠慮いただきたい内容です。

 

「牛が…」

…えっと…?は?

「滝みたいだった」

…ちょ…何が?

「●ん●中だから列車停まれと言われた」

そういうアナウンスが流れていると言いたいのだと思います。
スタッフが運転している訳ではないので。

 

そして送られてきた写真。戦慄のその様子は写っておりません。
(写っていたとしたらモザイク処理しますが当ブログには合わないです…)

ドイツは緑豊かな国です。線路があるところは沢山ののどかな景色の中を通っていきます。
以前、バイエルンに居た頃は羊の群れの大移動で踏切が塞がれて単線の電車が立ち往生しました。
お蔭で約束に間に合わず。35分の遅れでした。

その他に、線路内に逃げ出した馬が立ち入りしていると車内連絡が入り5km程先だったと思うのですが、馬をどかせる為に立ち往生。40分以上の遅れで乗り継ぎに間に合わず大変な思いをしました。

その他には人的にはお酒に酔った人が強制的に鉄道警察の体躯のでかいお兄さん方にしょっぴかれていったので、それで30分の遅れなど。

遅れを考えてチケットは買いません。
しかし、日本のように分刻みで1分遅れても鉄道職員に掴みかかるような日本人だとしたら、ドイツはおろか日本以外では住めないのではないかと、自分も感覚がマヒして来ているので複雑な気持ちです。
勿論こちらの人も、遅延には憤慨しますし抗議します。
しかし、遅れの度合いが日本とは桁外れに違うので諦めも早く切り替えも早いです。
責任の出所を探すよりも次に行く!という感じでしょうか。

スタッフはあとこれから6時間も列車を乗り継いでいきます。
無事にたどり着きますように…
私イイダも東側ドイツに再び出張に出るので他人事ではありません。

以前の出張時の東側ドイツで、また新たにアンティーク雑貨などを仕入れました。
近日中に新入荷としてお店出ししようと思います。

※転送代行サービスは8/31を以て終了しました。
お支払代行サービスは継続しておりますのでご利用ください。
お支払代行サービスのページへ

転送代行サービス一時休止します

今年は冷夏のドイツ北西部です。夏らしい日は数えるほどしかなく、例年クーラーは要らないにせよ肌寒いです。

2013年より展開しておりました日本への小さなお荷物転送代行サービスですが、当店の他部門が多忙の為8月末日をもって一時休止する事にしました。
元々は、当店のお品物を販売するのと同じで個人輸入のプロセスは同じなので、並行して試験的に始めたサービスです。
お客様が注文されたお品物の受け取り日程がバラバラな事、お客様からのご入金後の発送になる為こちらもタイミングがバラバラなので、必ず受け取りと発送の為に常に誰かが常駐しておかねばならず、少々難しくなってきたのが理由です。

リピーターとしてご愛顧いただいておりますお客様方や、初めての個人輸入や海外での商品購入でご利用いただくお客様など、数ある同業者の中から当店のサービスをお選びいただきご利用いただいておりました。
またいつか再開するとは思いますが、今しばらくはご不便をお掛けします事のご理解をお願い申し上げます。

尚、お支払代行サービスはこれまで通り承っております。その為、当店WEBサイト上にもリンクを残しておりますのでご利用ください。
当店の商品のご注文も通常通り承っております。

——————————————————————-
先週末、今滞在している東側ドイツのとある町の近くの小さなマーケットに行ってきました。久々に天気が良く爽やかでした。
あまり写真を撮る方ではないので少しだけ。


手作りの物があったり、掘り出し物のアンティークやヴィンテージの物があったり、育てたお花を売っていたりとほのぼのとしたマーケットでした。

 


途中のターミナル。近代的。天気が良いので日光を受けて水の中に居るような涼しげな透過屋根の色を地面に落とします。
しかし、涼しげに見えますが結構暑かったです…

ヴィンテージシュタイフ動物、セルロイドドール入荷

明日はドイツの一部の州では祝日となります。
こちらNRW州(ノルトライン-ヴェストファーレン州)でもお休みです。
Fronleichnamと言います。聖体祭とも呼ぶそうです。ドイツ国内でこの祝日がある州は…

Baden- Wuerttemberg (BW州)
Bayern(BY州)
Hessen(HE州)
Nordrhein- Westfalen(NWまたはNRW州)
Rheinland- Pfalz(RP州)
Saarland(SL州)

以上の6州です。

東ドイツで出会ったヴィンテージシュタイフの可愛い動物のぬいぐるみをようやくお店に出す事ができました。

画像をクリックすると商品ページをご覧いただけます。
(別ウィンドウで開きます。)
ペルシャ猫のDivaの完品です。リボンや黄色いタグ、ネームタグが取れたものはチラホラみかけますが、このDivaは全てオリジナルのものできちんと残っています。
元の持ち主の方がとても丁寧に扱い大事にされていたものです。経年の為、オリジナルリボンの色は褪せています。
普通の家猫と同じ位のサイズです。

 

こちらは我が家の猫です。日本から連れて来たオス猫です。現在7kgです。
彼は中長毛なのですが、ちょうどこのDivaのような毛の長さや生え方をしています。とってもそっくりです。
黒猫なので、写真はどれも暗くなるので恐怖のシャワータイム時にお風呂場で撮ったものが辛うじて顔もわかるので載せました。
とても大人しくシャワーを浴びてくれるのですが、目がまんまるになって舌を盛んにペロペロして鼻をたえず濡らすので、猫特有の不安や恐怖を大人しく体現しているものです。
ごめんねごめんねと言い聞かせながら、ささっとシャワーを浴びさせます。

 

 

 

☆オマケショット☆
人生ならぬ猫生に諦めたかのように大人しくなり、ふさふさふっさ~らな毛はションボリしてしまいます。
ですが、お湯をかけだすと気持ちが良いようでうっとりとしながらゴロゴロ言って目を細めます。
猫が目を細めて飼い主を見る時は落ち着いている時、信頼している時などです。

その他、ドールハウス用の古いセルロイドのミニドールも入荷しました。
是非ご覧ください。

新入荷情報のページ(TOPページです)
ヴィンテージシュタイフの商品ページ