キラキラゴールドな手作りの私物たち

5月を最後にまったく更新していませんでした。COVID-19の第2波に襲われている欧州です。
私や家族、スタッフ達は今も罹患せず外でもしっかりマスクをしております。買い物など以外は殆ど在宅です。
元々出張以外は各々がネットでやりとりをしてきたので、リモートワークやWEB会議などはずっと昔からそのスタイルだったので何ら不便もありません。
州や国を越境してみんなバラバラでも問題なく仕事をしてきたので、ただただ今は周りも自分達も慎重になろうとしております。

お店だしの品物は山積みのまま。
溶接作業やメッキ作業などを含むメンテナンスが必要なお宝が多く、ちょっと室内では難しくなったので在宅を活かして只今作業場を拡張中。
他にもオーダーのアンティーク家具やランプなどのレストア、服、アクセサリー作りとちょこちょこ依頼をいただいており、翻訳作業の傍らに仕上げて行っております。
服やアクセサリー、翻訳などの静かな作業をする部屋と家具レストアや火や薬品を使ったり、工具をガンガン使う作業場を分けているところです。
スマホが壊れてしまったのですが外出する事が殆どなくしかも出ても使う事もほぼないので、専ら日本への国際通話料を安くする為またはオンラインバンキングの認証で必要だったりの為だけに所持する目的で、型落ち展示品を安く手に入れました。
必要最低限の機能で十分。その代わりPCはタワー型でカスタマイズしたガッシリした物を使っているのでメインはPCです。

所謂、新古品のスマホは展示品とは言えどキレイでまったく新品です。今まではアンドロイドだったので初めてiPhoneを手にしました。iPadを仕事に使っているので操作は慣れています。
早速シリコンケースを購入しデコレーション。キラキラやデコラティブなものが好きなので、メタルパーツやスワロフスキー、ラインストーンでデコレーション。

 

シリコンケースにはめ込むと、軽かった本体が少し重くなりました。まあ綺麗だししっかりしているから満足です。

 

更に携帯できるようにスマホバッグも作りました。使い切れないドイリー用の糸などが大量にあるので頑張って糸を消費する事にしました。

 

ちなみにかぎ針は飾りをつけたりしてカスタマイズしたものを長年使っています。
頭にはスワロフスキークリスタル、チェコグラスパールとメタルパーツを利用しています。

 

少しお花部分が右に寄ってしまいました。
金のボタンはメタルで1950年代のもの。当時の古着ワンピースから取ったものです。
ストラップはアクリルビーズがあったので、それとグラス&メタルビーズを繋げました。
大きいカットビーズはアクリルビーズなので軽いです。ストラップは取り外して違うチェーンなども付けられるようにしてみました。

 

ネイルアート用のクリスタルもくっつけてキラキラ度アップ。
おもちゃみたいなスマホケースになってしまいました…

 

仕事のデスク上で使うペンも気持ちゴージャスに。とにかくパーツや材料などは沢山持っているので、羽根ペンを作って実際に使っています。
外に持って行くわけではないので羽根があっても無問題。グリップを作ったのでとても書きやすいです。書く度に羽根がふわふわラインストーンがキラキラします。

 

ペン立ては、日本から持ってきた数十年前のガラスのしょうゆ差しの蓋部分を落として割ってしまい、瓶だけになり何かに使えないかと思いこの羽根ペン用のペン立てに丁度だったのでデコレーションしました。
ラインストーンやメタルレースを半田付け・ロウ付けしました。大きなラインストーンの半田付けはちょっと失敗して斜めにくっつけてしまいました。狭くて小さな部分なので、まあ仕方がない。
しょうゆ瓶がキラキラ美しいペン立てに生まれ変わりました。

 

家の中でも身に着けているのが、宝石レベルの天然石の小さなゴールドピアス。
キャッチ式の14KGFピアスにはシトリンがはめ込まれ、14KGFのパーツを使って上からペリステライト、レモンアンバー、淡コニャックアンバー。
ペリステライトはレインボームーンストーンと呼ばれる事もあります。表面が光や角度によって青っぽい虹色に輝きます。このペリステライトは乳白色ではなくクリスタルクリア。
アンバーはポーランドで買い付けた本物のバルト海琥珀(バルティックアンバー)です。お風呂と寝る時は外しますがそれ以外はずっと着けています。

ゴールドや琥珀、キラキラした物などを身に着けたり持つようになり、何となく金運や仕事運がアップしたなと思います(気のせいですが)。風水的というのでしょうか、金色や黄色い物なので。
昔はシルバーが好きでしたが今はゴールドが好きになりました。

 

上の写真は、とあるお高い万円のブランドバッグたち。
あまりこういう風なのは好きではないのですが、凄いなあ…と思って何かの折に見つけたので覚えていました。
(ブランドの物なのでボカシたりモザイクを入れています)
刺繍やパーツがくっついたりしてゴテゴテにデコレーションされているのが何となく手作りリメイクな感じがしていたので、レザーバッグもリメイクしていいんだ!と閃きました。

完成したリメイクバッグ。

 

元々赤い本革のバッグでしたが中途半端なストラップの長さでたすき掛けにすると何となく短く、肩掛けすると短くしないと長すぎる…というものでした。
そこで、片方の肩だけに掛ける短いショルダーバッグにする為にストラップを切ろうと考えましたが、レザーもお手入れしていたとはいえ何となくクッタリくたびれています。
なので、ストラップを切って短くするなら思い切ってリメイクしてしまおうと思い…

 

内側は黒地に白の水玉のコットンハンカチと祖母からもらったお花のトリムを縫いつけました。
更にオーダードレスのテーラーをしていた母からもらったドレス用のシルクのトリムレースをあしらいました。

 

サイズが大き過ぎたレースのスカートがタンスの肥やしになっており、レース生地が使えないかと捨てる事もできず取っておいたのですが、ようやくバッグを覆うレースとして使う事が出来ました。
更に刺繍のアップリケやスパンコールのお花、グラスパール、ラインストーン等を縫い付けました。
特にレースとアップリケ、トリムと蓋の裏布を縫い付けるのが大変でした。
生まれ変わった赤と黒の派手なバッグで外出すると目立ちます。

 

COVID-19の第2波の影響で隣国がロックダウンに入り、こちらもロックダウンを検討されています。
何となく気が滅入りますが、

「世界にたった一つの自分だけの一点もの」

と、コツコツ作った手作りの持ち物やアクセサリーを日常生活の上で身に着けたり使ったりと、自己満足ですがちょっぴり贅沢になった気分を楽しんでいます。

WEBショップの方は、新商品を更新していないにも関わらずお問い合わせがあったり、ちょこちょことお買い上げいただいたりしております。
一応稼働中なのですが、更新をしていないにも関わらず信頼してご注文いただき誠に感謝しております。
COVID-19の影響で日本に到着するまでが少し大変だったりしますが確実にお届け可能です。

早くこの世界でのこの不便な状況が収束しますように。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中